信念

4月 15th, 2014
Faith begins by believing in your heart that what is right has a chance. Faith is knowing in your heart that good can overcome evil, that the sun can shine in a rainstorm.
信念は心の中でチャンスを信じることから始まる。信念は善が悪に打ち勝つ、太陽は爆風雨の中でも昇っていくことを信じる心。

Faith is peaceful and comforting, because it comes from within where no one can invade your private dreams.
信念は他人が踏み込めないあなただけの夢であって、安らぎと励みをもたらす。

Faith is not something you can demand or command; it is a result of commitment to belief.
信念は強要や抑制されるものではなく、信仰心を貫く結果から得るもの。

Faith is believing in something you can't see or hear, something deep inside that only you understand and only you control.
信念は見えなくても、聞こえなくても、あなたの心の中で理解し、制御できるもの。

Faith is trusting in yourself enough to know that no matter how things turn out, you will make the best of them.
信念は何事があっても、あなたは状況を良い面に変えあられるのを信じること。

To have faith when you cannot see; to be willing to work on in the dark; to be conscious of the fact that so long as you strive for the best, there are better things on the way, this in itself is success.
信念は方向性が見えずに暗闇の中で模索しても、諦めずに奮闘すれば将来を手にするのを信じる心。その全てが成功と呼ぶ。

信念ってなんでしょう。多くのときは、自分の信念なんて持ってないなと嘆いたりもします。堂々と信念を語る人を見たら、羨ましく思います。「心」を感じることがあります。「命」を感じることがあります。うまくいえないけど、生きることに情熱を持つのが信念ということなのかもしれません。

結局、信念って、諦めない心、負けない心なのかもしれない。信念を持てる人って、なんかかっこういい。



自分への約束

3月 22th, 2014
Promise Yourself Only the Best.
Promise yourself to dream more and hesitate less.
To believe in yourself more and judge yourself less by the accomplishments of others.
To appreciate your family and friends for all the wonderful ways they make your life better.
Promise yourself to accept life as it comes and truly make each day special.
To become more independent and more willing to change.
To fill your life with special times, and make your dreams come true.
自分に最高を約束する。
夢をもっと大きく、迷いはもっと少なくを約束する。
もっと自分を信じ、他人の成功の標準で自分を評価しない。
自分の人生をもっと素晴らしくしてくれる家族や友人を大切にする。
毎日は特別な日として、自分の人生活の現状を受けいれること約束うる。もっと自立し、もっと変化を求め、楽しむ。
自分の人生を特別な時間を充実させ、夢を実現させるんだ。

There is so much I have not been, so much I have not seen.
I have not thought and have not done or felt enough?the early sun, rain and the seasonal delight of flocks of ducks and geese in flight, the mysteries of late-at-night.
I still need time to read a book, write poems, paint a picture, look at scenes and faces dear to me.
There is something more to be of value?something I should find within myself?as peace of mind, patience, grace and being kind.
I shall take and I shall give, while yet, there is so much to live for?rainbows, stars that gleam, the fields,the hills, the hope, the dream the truth that one must seek.
I'll stay here?treasure every day and love the world in my own way!
人生の道のりで、私はまだ経験したことない、見たことない物事がたくさんある。
朝の太陽、雨、飛ぶアヒルとガチョウの群れが季節を知らせてくれることや、真夜中のミステリアスなどを体験ところか、想像すらしたことがなかった。
私には時間も必要、読書、詩作、作画や、風景を楽しんだりや好きな人の顔を眺めたりする時間が必要だ。
もっとも大切なのは、私自身の中に必要とするものー心の平和、忍耐、優雅と優しさ。
人に助けてもらいたいし、人の役に立ちたい、それ以外にも生きる価値を見出すものがあるーレインバー、輝く星、野原、山、希望、夢と真実の追究。
私はずっとここにいて、自分の生き方で毎日を大事にし、この世界を愛する。



卒業

3月 14th, 2014
At least once a year, there are a lot of graduations.It's a time when a lot of people move on, from where they were, to another school or another class, or out into the real world.
一年一回に、たくさんの卒業式が行われる。これはたくさんの人が、以前のいた場所から、別の学校やクラスや、あるいは現実世界に、進む時となる。

To graduate means to take a step forward, to move onward and upward.I can remember my high school graduation, my graduation from university, and even my graduation from graduate school.Each of those graduations was nice. I took pictures, I got flowers, I hug my parents.I had mixed emotions about moving on. I wanted to stay and have more fun, but I also want to move on.
私は将来の進む道に迷いが生じた。立ち止まって楽しく過ごしたいけど、前に進むこともしたい。卒業は一歩を踏み込み、前に進む、上に登る意味する。私は自分の高校の卒業、大学の卒業、大学院の卒業まで良く覚えている。全ての卒業式はうても素晴らしかった。私は写真を撮って、花束をもらって、両親をハグした。

When we hear the word graduation, we naturally think of graduating from school. But I think it's possible to graduate from different places, or stages in life.
卒業という言葉を聞けば、学校を卒業することを連想するでしょう。しかしそれは違う場所、違う生活からの卒業でもあると思う。

I worked in a company in New York for about three years. At one point I felt that I could not learn anything else from the company, or the people I was working with, that I had hit a ceiling, I felt that it was time to move on.
私はニューヨークにある会社で3年間を働いた。ある時点で、この会社で、ここで一緒に働いてる人たちから、これ以上のものを学ぶことができなくなったと感じ、これはもう次に進む時だと悟った。

The way that I described as "moving on" is a graduation.Sometimes we are thrown out into the world or to the next level, whether we are ready or not.Other times we get to choose when we want to move on.I have experienced both.I prefer the second one, where I have a choice.
私が言う「次に進む」ということは、すなわち卒業ということなんだ。準備ができたかどうかにも関わらず、時々、我々は世界や人生の次の階段に投げ出される。別の時、我々は進みたい時を自ら選べられる。私は以上の2つとも経験したことがある。選べられるから、私は2つ目の方が好きかな。

I like to choose when and how, but we don't always get what we want.Since we can learn from every experience that we have, each experience can be a stepping stone for us to be better people.I know that I take lessons with me every time I graduate, but sometimes I can be a slow learner.I wonder when my next graduation is going to be.私はいつ、どういう方法で進むことを選ぶことが好きだが、欲しいものをいつも手に入れるとは限らない。あらゆるの経験の中、学ぶものがある、我々はもっと素晴らしい人間になるために、それが次へ進む階段になってくれるでしょう。私は毎回の「卒業」から色々を学ぶが、時々学習能力がよくない。私の次の「卒業」はまたいつになるんだろう?

自分の色んな卒業の場面を思い出した。一番近い大学院の卒業もずいぶん昔のように思えた。ちょっぴり切なくなった。時間の流れに勝てないんが、こうやって我々は成長してきたんだ。知識や経験をたくさん得て、大人になるって悪くないもんだ。



野花

3月 2nd, 2014
Each spring brings a new blossom of wildflowers in the ditches along the highway I travel daily to work.
毎年の春、私が仕事に行く時を通る高速道路の道端に野花が咲く。

There is one particular blue flower that has always caught my eyes. I've noticed that it blooms only in the morning hours, the afternoon sun is too warm for it. Every day for approximately two weeks, I see those beautiful flowers.
その中にある小さい青い花はいつも私の目を引く。朝にしかさかないことに気がついた、午後の太陽は彼らにとって暖かすぎた。二週間毎日、私はこの美しい花たちを見る。

This spring, I started a wildflower garden in our yard. I can look out of the kitchen window while doing the dishes and see the flowers. I've often thought that those lovely blue flowers from the ditch would look great in that bed alongside other wildflowers. Everyday I drove past the flowers thinking, "I'll stop on my way home and dig them." "Gee, I don't want to get my good clothes dirty..." Whatever the reason, I never stopped to dig them. My husband even gave me a folding shovel one year for my trunk to be used for that expressed purpose.
今年の春、私は自分の庭で野花を植えた。料理を作るとき、キッチンの窓から花が見える。時々は思う、道端にあり小さい青い花は花壇の野花と一緒に置いたら、とても綺麗に見えるでしょう。毎日、車でその花たちを通るときいつも思う、「帰り道に、掘って帰ろう」「でもお気に入りの服も汚したくない」。理由はともかく、私は車を止め、花を掘ることはなかった。旦那は私の決心を達成させるために、私の車のトランクに折りたたみのシャベルを入れてくれた。

One day on my way home from work, I was saddened to see that the highway department had mowed the ditches and the pretty blue flowers were gone. I thought to myself, "Way to go, you waited too long. You should have done it when you first saw them blooming this spring."
ある日、仕事の帰り道、その高速道路の管理部門が雑草を刈り取って、その可愛い青い花も全部なくなった。自分で思った「やれやれ、長待ちしすぎた。最初咲くと見たときはやればよかったな」。

A week ago we were shocked and saddened to learn that my oldest sister-in-law has a terminal brain tumor. She is 20 years older than my husband and unfortunately, because of age and distance, we haven't been as close as we all would have liked. I couldn't help but see the connection between the pretty blue flowers and the relationship between my husband's sister and us. I do believe that God has given us some time left to plant some wonderful memories that will bloom every year for us.
一週間前、旦那のお姉さんは末期の脳腫瘍と分かった、とても驚いて悲しかった。お姉さんは旦那より20歳も年上で、残念ながら、年齢と住む距離のせいで、私たちは思ったよりそんなに親しくなかった。お姉さんと私たちの関係は、思わずにあの青い花のことを思い出せてしまった。神様は私たちに良い思い出を作るための時間を残していて、それが毎年に我々のために花が咲くと信じてる。

And yes, if I see the blue flowers again, you can bet I'll stop and transplant them to my wildflower garden.
そう、またあの青い花を見かけたら、私はきっと止めて、自分の庭にある野花のところに植え直すことを約束する。

人生には色々ある。思い出せば、後悔が心の中に山ほど積んでいるかもしれない。それを釈然とできないとき、眠れぬ夜もあるでしょう。いくら悔やんでも、巻き戻すが効かないのが時間。悔いを胸に収め、前を見つめ、今と未来をもっと大切に生きていくのがいい。