7月に初雪

28 7月, 2014 (14:24)

The first snow came.

How beautiful it was, falling so silently all day long, all night long, 

on the mountains, on the meadows, on the roofs of the living, on the graves of the dead! 

 

All white save the river, that marked its course by a winding black line across the landscape; 

and the leafless trees,

that against the leaden sky now revealed more fully the wonderful beauty and intricacies of their branches. 

 

初雪が降ってきた。美しかった!終日終夜、静かに降っていて、山の上に、草原の上に、屋根の上に、死者のお墓の上に落ちてくる。

 

真っ白の世界には、川がこの風景に曲がりくねった黒い線を描き、葉のない木が灰色の空を背景に、

枝のもっと複雑に美しく見えてくる。



What silence, too, came with the snow, and what seclusion! Every sound was muffled, 

every noise changed to something soft and musical. 

 

No more tramping hoofs, no more rattling wheels! 

Only the chiming of sleigh-bells, beating as swift and merrily as the hearts of children. 

 

雪が降るとき、なんて静けさなんだ、なんて閑静なんだ!すべての音が消えてしまって、

すべての騒音が柔らかくなって、音楽のようになった。

 

ドシンドシンの足音なんてなく、ガタガタの車輪の音もない。

そりのシンバルだけが愉快に楽しく、子供のハートの振動ように響いている。

 

 

   

 

 

いやぁ~とっても美しい雪の真っ白の世界を描いている散文だ。

 

一瞬クリスマスのジングルベルが聞こえてきて、目の前に、サンタクロースがそりを乗って、空を飛んでいくのが見えてきた。

 

この暑い7月に、このような涼しげの文書はまさに心のアイスクリームですね。

 

寝る前に、もう一度思い出してみよう、今日は夢の中で雪の上にシンシンと歩きたい気分~

自由・選択・責任

21 4月, 2014 (00:00)

I love choices.
私は選択することが好き。

I love to walk around in bookstores, not because I can buy all the books, but because I could buy one book, and I have so many to choose from.
本屋の中でぶらぶらするのが好き、全ての本を買えるわけじゃなく、一冊の本を買うために選択しなければいけないからなのだ。

I like buffets.I rarely get to go to them, but when I do, the first thing I do is walk around and see what the choices are.
私はビュッフェが好き。滅多に行かないけど、行けば、あっちこっちで何かを選べるのが、私の一番にすることだ。

I also like the Internet.It seems like cyberspace really doesn't have any limits. There are so many things to discover - like space.
私はインターネットも好き。ネットワークの空間では制限が少ないみたい。だから、たくさんのものが発見することができるー例えば宇宙。

Sometimes, I think we don't appreciate the freedom that we have.We are free to make many different choices, from the food we eat, to the places we visit, to the people we meet, to the classes we take and on and on and on.
時々、我々が擁する自由を粗末している気がする。食べ物から、行くところで会う人やどんな勉強するかとか、我々は色んな選択をすることができる。

But freedom has dangers. If misused, it can be harmful.I could pile a mountain of food on my plate and NOT eat it. It would be a waste. But that's a choice I have.
しかし、自由も危険を伴う。濫用をすれば、被害を及ばす。食べずに、山盛りの食べ物をお皿に乗せだけ、もったいない。それでもそれが私の選択なんだ。

The Internet has dangers, too.If parents are not careful and don't supervise what their kids can see, well, kids can lose some of their innocence because of freedom.
インターネットも危険だ。もし親が自分の子供が何を見ているのが、無関心で助言してあげなければ、子供は自由のせいで無邪気さを失ってしまうこともある。

There's a reason for legal age limits when it comes to driving, gambling, drinking, somking, and voting. Until we reach that age, we aren't free to do those things.車の運転、博打、飲酒、喫煙、選挙権について、年齢制限する理由がある。その年齢になるまで、それらの自由を与えられないのだ。

言いたいことが分かる、というより本当にその通りだと思う。若い人は自由を求めるのが天性であっても、社会に生きていくために、ルールというものの存在を覚えなければいけないと思う。だって、人は社会集団の中で活動していて、誰だって1人だけで生きていけるわけじゃないから。

社会人になりたての頃、会社になじめない自分がいた。働くことに抵抗あるわけじゃないけど、「サラリーマンのルール」というものになんとなく反骨精神に衝突を感じた部分があった。しかし、時間の流れにつれ、色々と分かってきた、仕事のやりがいは責任という重みからありがたみを感じるものだ。

取引先のお客さんはティーネットジャパンのニュースを見て、世の中の動きは激しいなと話をした。そうの通りですね。時代に取り残されることが起きないように、常に勉強しなければいけないのだ。楽の道を選べら、今は楽しく過ごせるかもしれないけど、果たして、それは自分にとって本当に良いことかどうか、自分の選択次第ですね。

自由、選択、責任の3つの間、あなたならどうする?



       

信念

15 4月, 2014 (00:00)

Faith begins by believing in your heart that what is right has a chance. Faith is knowing in your heart that good can overcome evil, that the sun can shine in a rainstorm.
信念は心の中でチャンスを信じることから始まる。信念は善が悪に打ち勝つ、太陽は爆風雨の中でも昇っていくことを信じる心。

Faith is peaceful and comforting, because it comes from within where no one can invade your private dreams.
信念は他人が踏み込めないあなただけの夢であって、安らぎと励みをもたらす。

Faith is not something you can demand or command; it is a result of commitment to belief.
信念は強要や抑制されるものではなく、信仰心を貫く結果から得るもの。

Faith is believing in something you can't see or hear, something deep inside that only you understand and only you control.
信念は見えなくても、聞こえなくても、あなたの心の中で理解し、制御できるもの。

Faith is trusting in yourself enough to know that no matter how things turn out, you will make the best of them.
信念は何事があっても、あなたは状況を良い面に変えあられるのを信じること。

To have faith when you cannot see; to be willing to work on in the dark; to be conscious of the fact that so long as you strive for the best, there are better things on the way, this in itself is success.
信念は方向性が見えずに暗闇の中で模索しても、諦めずに奮闘すれば将来を手にするのを信じる心。その全てが成功と呼ぶ。

信念ってなんでしょう。多くのときは、自分の信念なんて持ってないなと嘆いたりもします。堂々と信念を語る人を見たら、羨ましく思います。「心」を感じることがあります。「命」を感じることがあります。うまくいえないけど、生きることに情熱を持つのが信念ということなのかもしれません。

結局、信念って、諦めない心、負けない心なのかもしれない。信念を持てる人って、なんかかっこういい。



自分への約束

22 3月, 2014 (00:00)

Promise Yourself Only the Best.
Promise yourself to dream more and hesitate less.
To believe in yourself more and judge yourself less by the accomplishments of others.
To appreciate your family and friends for all the wonderful ways they make your life better.
Promise yourself to accept life as it comes and truly make each day special.
To become more independent and more willing to change.
To fill your life with special times, and make your dreams come true.
自分に最高を約束する。
夢をもっと大きく、迷いはもっと少なくを約束する。
もっと自分を信じ、他人の成功の標準で自分を評価しない。
自分の人生をもっと素晴らしくしてくれる家族や友人を大切にする。
毎日は特別な日として、自分の人生活の現状を受けいれること約束うる。もっと自立し、もっと変化を求め、楽しむ。
自分の人生を特別な時間を充実させ、夢を実現させるんだ。

There is so much I have not been, so much I have not seen.
I have not thought and have not done or felt enough?the early sun, rain and the seasonal delight of flocks of ducks and geese in flight, the mysteries of late-at-night.
I still need time to read a book, write poems, paint a picture, look at scenes and faces dear to me.
There is something more to be of value?something I should find within myself?as peace of mind, patience, grace and being kind.
I shall take and I shall give, while yet, there is so much to live for?rainbows, stars that gleam, the fields,the hills, the hope, the dream the truth that one must seek.
I'll stay here?treasure every day and love the world in my own way!
人生の道のりで、私はまだ経験したことない、見たことない物事がたくさんある。
朝の太陽、雨、飛ぶアヒルとガチョウの群れが季節を知らせてくれることや、真夜中のミステリアスなどを体験ところか、想像すらしたことがなかった。
私には時間も必要、読書、詩作、作画や、風景を楽しんだりや好きな人の顔を眺めたりする時間が必要だ。
もっとも大切なのは、私自身の中に必要とするものー心の平和、忍耐、優雅と優しさ。
人に助けてもらいたいし、人の役に立ちたい、それ以外にも生きる価値を見出すものがあるーレインバー、輝く星、野原、山、希望、夢と真実の追究。
私はずっとここにいて、自分の生き方で毎日を大事にし、この世界を愛する。



卒業

14 3月, 2014 (00:00)

At least once a year, there are a lot of graduations.It's a time when a lot of people move on, from where they were, to another school or another class, or out into the real world.
一年一回に、たくさんの卒業式が行われる。これはたくさんの人が、以前のいた場所から、別の学校やクラスや、あるいは現実世界に、進む時となる。

To graduate means to take a step forward, to move onward and upward.I can remember my high school graduation, my graduation from university, and even my graduation from graduate school.Each of those graduations was nice. I took pictures, I got flowers, I hug my parents.I had mixed emotions about moving on. I wanted to stay and have more fun, but I also want to move on.
私は将来の進む道に迷いが生じた。立ち止まって楽しく過ごしたいけど、前に進むこともしたい。卒業は一歩を踏み込み、前に進む、上に登る意味する。私は自分の高校の卒業、大学の卒業、大学院の卒業まで良く覚えている。全ての卒業式はうても素晴らしかった。私は写真を撮って、花束をもらって、両親をハグした。

When we hear the word graduation, we naturally think of graduating from school. But I think it's possible to graduate from different places, or stages in life.
卒業という言葉を聞けば、学校を卒業することを連想するでしょう。しかしそれは違う場所、違う生活からの卒業でもあると思う。

I worked in a company in New York for about three years. At one point I felt that I could not learn anything else from the company, or the people I was working with, that I had hit a ceiling, I felt that it was time to move on.
私はニューヨークにある会社で3年間を働いた。ある時点で、この会社で、ここで一緒に働いてる人たちから、これ以上のものを学ぶことができなくなったと感じ、これはもう次に進む時だと悟った。

The way that I described as "moving on" is a graduation.Sometimes we are thrown out into the world or to the next level, whether we are ready or not.Other times we get to choose when we want to move on.I have experienced both.I prefer the second one, where I have a choice.
私が言う「次に進む」ということは、すなわち卒業ということなんだ。準備ができたかどうかにも関わらず、時々、我々は世界や人生の次の階段に投げ出される。別の時、我々は進みたい時を自ら選べられる。私は以上の2つとも経験したことがある。選べられるから、私は2つ目の方が好きかな。

I like to choose when and how, but we don't always get what we want.Since we can learn from every experience that we have, each experience can be a stepping stone for us to be better people.I know that I take lessons with me every time I graduate, but sometimes I can be a slow learner.I wonder when my next graduation is going to be.私はいつ、どういう方法で進むことを選ぶことが好きだが、欲しいものをいつも手に入れるとは限らない。あらゆるの経験の中、学ぶものがある、我々はもっと素晴らしい人間になるために、それが次へ進む階段になってくれるでしょう。私は毎回の「卒業」から色々を学ぶが、時々学習能力がよくない。私の次の「卒業」はまたいつになるんだろう?

自分の色んな卒業の場面を思い出した。一番近い大学院の卒業もずいぶん昔のように思えた。ちょっぴり切なくなった。時間の流れに勝てないんが、こうやって我々は成長してきたんだ。知識や経験をたくさん得て、大人になるって悪くないもんだ。